メガリス

シリアスのジェネリックであるメガリスとはどんな感じの薬か

メガリスは、シリアスのジェネリックです。

 

 

まずその薬の特徴として挙げられるのは、いつ飲んでも良いという事です。

 

 

良くED治療薬は食事の影響を受けてしまう事があるので、出来るだけ空腹時に飲むようにする必要があるのですが、この薬に関してはそれは必要ありません。

 

 

その為、性行為をする30分程度前に飲めば、しっかりと必要な時には効果を実感する事が出来ます。

 

 

勿論、その効果の持続時間はかなり長く、大体24時間から36時間は持続するものです。

 

 

また人によってはもっと長い時間効果が感じられたという人も居るので、実際に飲んだ人は36時間という数字に囚われる事無く、自分はどれくらい効果が持続するかを見て服用する様にしましょう。

 

 

といっても、なかなか効果が持続しないからと言って、1日に何度も服用する事はしてはいけません。

 

 

最低でも24時間は服用間隔を空けるようにします。

 

 

また、薬を飲み慣れている人であれば、ある程度の錠剤の大きさでも対応する事が出来ますが、あまり慣れていない人は大粒だと喉に引っかかった感じがしてしまって苦手意識を抱いている人も少なくありません。

 

 

メガリスの場合はかなり小さな錠剤なので、それほど気にせずに飲む事ができます。

 

 

しかも、水がない時は水なしでも飲めるのも注目すべきポイントと言えます。

 

ED薬世界シェアNO.1シアリスのジェネリック医薬品

さて、薬を飲む時に気になるのはアルコールでしょう。

 

 

出来るだけ効果を感じるためにはアルコールを控えるべきという薬も少なくありません。

 

 

ではメガリスの場合はどうでしょうか。

 

 

この薬の有効成分であるタダラフィルは、実はアルコールの影響を受けません。

 

 

だからアルコールを飲んでしまったとしても、それほど気にする必要はないのです。

 

 

ただ、だからと言って飲み過ぎてしまうのは良くないので、それほど飲み過ぎないように心がけるのも必要と言えます。

 

 

メガリスはシアリスのジェネリックなので、その効果等はほぼそれと同じ物が期待できます。

 

 

従って、既にシアリスを服用している人は薬価を抑える為にこちらにシフトチェンジしてみるのもひとつの方法です。

 

 

ただこの薬は病院では処方してもらえません。

 

 

必要な場合は個人輸入等をして手に入れる様にしましょう。

 

 

また10mgの物と20mgの物がありますが、最初に利用する時は10mgの方にします。

 

 

最も少ない量から、効果の出方によって次第に増やしていく必要があります。

 

 

と言っても飲み過ぎると副作用が出てしまう事があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

 

さらに、一応1日1錠とは決められていますが、毎日服用するのは良くないので、本当に必要な時だけ飲むようにすべきです。